脂肪燃焼効果を上げるための腹筋の鍛え方

腹筋運動

腹筋運動ではお腹の脂肪を燃焼することはできないのですが、お腹の脂肪を効果的に燃焼させるやり方はあります。

それは有酸素運動と腹筋運動を組み合わせて行うことです。これによって、より効率よく効果的にお腹の脂肪を減らすことができます。

有酸素運動後に腹筋を行うことで脂肪燃焼効果倍増

有酸素運動後は脂肪が燃えやすい!

有酸素運動後は筋肉が温まっています。このタイミングで腹筋運動を行うことで、お腹の脂肪を効率よく燃焼させることができるのです。

ジョギングやウォーキングなど有酸素運動を行っている人は、有酸素運動の後に腹筋を鍛えるようにしましょう。

腹筋運動のポイント

まず有酸素運動を30~40分行ってから、腹筋運動を20回×3セット行うようにしましょう。
※有酸素運動後、呼吸を整えてから腹筋を行うようにしましょう。

<< 効果的に鍛えるためのポイント | トップページ | 腹筋はやったほうが良いの? >>

☆★今話題の裏技ダイエット★☆
誰でも簡単な方法でウエストが細くなる新しいダイエット方法とは!?今すぐ最短距離で痩せたい方には必見の裏技ダイエットです>>http://askadiet.com/af/

メニュー部分の作り方