太らない食べ方!食事量の割合がポイント

食事では食べる量の割合が重要なポイントとなります。食べる量の割合とは”朝食・昼食・夕食の食べる量の割合”のことです。

なぜ食べる量の割合が重要なのかと言うと、基本的に食べる時間帯が遅くなるにつれて脂肪が蓄積しやすくなるからです。つまり朝から夜にかけて食べた物は代謝されにくくなるのです。

太らない食事バランスはこれ!

一般的な食生活だと『朝食:昼食:夕食が1:2:3』が多いと思います。朝は少し食べて、昼に軽く食べて、夕食でガッツリ食べるパターンですね。しかしこれは1日のトータルカロリーが少なかったとしても太りやすい食べ方なのです。

ではどのような食事の割合がベストなのか?

理想は「朝食:昼食:夕食 2:3:1」、難しいようなら「1:3:2」

理想は「朝:昼:夕 2:3:1」ですが、難しいようなら「1:3:2」の割合で食べるようにしましょう。これが太らない食事の食べ方です。

ここで注目してほしいのが夕食です。重要なのは夕食の摂取カロリーが1日の中で一番多くならないようにすることです。よって昼にしっかりと食べて夕食は昼よりも少なめに食べることが大切なポイントとなります。

夕食はなるべく遅くならないように!

太らない食べ方のポイントは夕食にあります。夕方から夜にかけて特に食べた物が脂肪として蓄積されやすくなるからです。

睡眠3時間前までには夕食はすませよう

夕食はなるべく遅くならないように早めに食べることが極力脂肪の蓄積を抑えてくれます。理想は20時までに食べることで、遅くなったとしても睡眠3時間前までにはかならず夕食を済ませておきましょう

<< 摂取カロリーを減らす食事方法 | トップページ | 朝食は脂肪の蓄積を防ぐ >>

☆★今話題の裏技ダイエット★☆
誰でも簡単な方法でウエストが細くなる新しいダイエット方法とは!?今すぐ最短距離で痩せたい方には必見の裏技ダイエットです>>http://askadiet.com/af/

メニュー部分の作り方