朝食を食べることは脂肪の蓄積を防ぐ

脂肪を減らすためには朝食は必ず摂るようにしましょう。朝食は一日のエネルギー源となる重要なタイミングの食事であり、脂肪を蓄積を防ぐためにも重要なポイントとなります。

朝食を摂らない人は太りやすくなる

朝食を摂らない人の方が摂取カロリーを抑えることができ効果的のように思うかもしれませんが、実は朝食を摂る人よりも、朝食を摂らない人の方が断然太りやすいのです。

朝食を食べないと脂肪が蓄積しやすくなる・・・

朝食を摂ることで、体温が上昇し、脳がしっかりと目覚め働きだします。これによって体の機能が働きだし、代謝が上昇します。

しかし朝食を抜いてしまうと脳や体が完全に目覚めないため代謝が上昇しません。朝食を抜いてしまうと、代謝が低下している状態で昼食を食べることになるので、食べた物は脂肪として蓄積されやすくなるのです。

さらに朝食を抜くことで空腹感から昼食を食べ過ぎたり、昼食後も間食をしてしまったっりと、過剰なカロリー摂取をしてしまうのです。

つまり!朝食を食べることは

・代謝を高め脂肪の蓄積を防ぎます。

・過剰なエネルギー摂取(食べ過ぎ・間食)を抑制できます。

このように朝食を食べることは、脂肪の蓄積を予防するうえでもとても大切なポイントとなるのです。今まで朝食を抜いていた人はきちんと食べるようにしましょう。

<< 太らない食べ方 | トップページ |

☆★今話題の裏技ダイエット★☆
誰でも簡単な方法でウエストが細くなる新しいダイエット方法とは!?今すぐ最短距離で痩せたい方には必見の裏技ダイエットです>>http://askadiet.com/af/

メニュー部分の作り方