あなたはどっち?内臓脂肪と皮下脂肪

お腹の脂肪を解消するために大切なポイントがあります。それはお腹の脂肪と言ってもタイプがあります。タイプによって解消方法が異なるので、とても重要なポイントとなります。

お腹の脂肪は大きく分けて『内臓脂肪タイプ』と『皮下脂肪タイプ』で分かれます。

『内臓脂肪タイプ』と『皮下脂肪タイプ』のお腹の脂肪の違い

内臓脂肪

まず内臓脂肪は字のごとく内臓の回りについてしまう脂肪です。内臓脂肪は男性につきやすい特徴があり、蓄積しやすいのですが分解もしやすい性質の脂肪です。

皮下脂肪

皮下脂肪は皮膚組織の下に蓄積する脂肪で、つまむことができるので”つまめる脂肪”とも言われています。皮下脂肪は女性につきやすい特徴があり、蓄積し難いのですが分解しにくい性質の脂肪なのです。

内臓脂肪タイプ

・内臓の周りにつく脂肪。

・特に30代以降からつきやすくなり、ぽっこりお腹の大きな原因となっています。メタボは特にこの内臓脂肪タイプの場合が多いです。

・お腹をほとんど摘むことができない場合は内臓脂肪タイプと考えられます。

・内臓脂肪は食事制限だけでも解消しやすいです。(もちろん運動をしたほうが効率はいいです)

皮下脂肪タイプ

・皮膚の下につく脂肪

・皮下脂肪はつまむことができるので”つまめる脂肪”とも言われています。内臓脂肪と違って蓄積してしまうと分解しにくい性質の脂肪なのです。

・お腹が5cm以上つまむことができる場合は皮下脂肪タイプと考えられます。

・皮下脂肪は食事制限だけでは解消できないので運動も行う必要があります。解消するまでにある程度時間はかかりますが食事制限と運動で解消させることができます。

あなたは内臓脂肪タイプ?皮下脂肪タイプ?

自分のお腹の脂肪が、内臓脂肪タイプか皮下脂肪タイプなのかを知る方法は、お腹をつまんでみることで分かります。

お腹をつまんでみて、ほとんどつまめない場合は『内臓脂肪タイプ』で、5cm以上つまめる場合は『皮下脂肪タイプ』と考えられます。

脂肪の性質上、内臓脂肪タイプは比較的簡単に解消することができるのですが、皮下脂肪タイプは脂肪が燃焼しにくいため、解消するまでに時間がある程度かかってしまいます。

 

<< メタボの診断基準 | トップページ | 内臓脂肪を減らす方法 >>

☆★今話題の裏技ダイエット★☆
誰でも簡単な方法でウエストが細くなる新しいダイエット方法とは!?今すぐ最短距離で痩せたい方には必見の裏技ダイエットです>>http://askadiet.com/af/

メニュー部分の作り方