メタボリックシンドロームの診断基準

「メタボはどこからがメタボ!?」と言うわけでメタボの診断基準について説明しようと思います。
ここで紹介するのは厚生労働省が健康保険組合に義務付けた、全国の40~74歳の医療保険加入者全員を対象に行う検診の内容で紹介していますので参考までに。

メタボの診断基準を解説

メタボの診断基準は、まず『内臓脂肪蓄積』が必須項目となります。ウエスト周囲径を測り、男性で85cm以上、女性で90cm以上となると「要注意」となります。
そしてこれに「血清脂質異常」「血圧高値」「高血糖」のどれか2項目以上が当てはまるのであれば、メタボリックシンドロームとして診断されます。

 

内臓脂肪蓄積

胴囲(おへそ周り)
男性:85cm以上 女性:90cm以上

 

▼内臓脂肪蓄積+以下の2項目以上▼

血清脂質異常

トリグリセリド値
150mg/dL以上

HDLコレステロール値
40mg/dL未満

のいずれか、又は両方

血圧高値

最高(収縮期)血圧
130mmHg以上

最低(拡張期)血圧
85mmHg以上

のいずれか、又は両方

高血糖

空腹時血糖値
110mg/dL以上

| トップページ | あなたはどっち?内臓脂肪と皮下脂肪 >>

☆★今話題の裏技ダイエット★☆
誰でも簡単な方法でウエストが細くなる新しいダイエット方法とは!?今すぐ最短距離で痩せたい方には必見の裏技ダイエットです>>http://askadiet.com/af/

メニュー部分の作り方