内臓脂肪を減らすダイエット方法

内臓脂肪は字のごとく内臓の周りにつく脂肪です。特に男性につきやすく、メタボの原因となるのも内臓脂肪なのです。お腹につまめる脂肪があまりないのに、お腹がポッコリと出ている方は内臓脂肪の蓄積によるものと考えられます。

内臓脂肪はつきやすく分解しやすい性質を持っているのが特徴です。油断すれば、すぐに内臓脂肪として蓄積されてしまうのですが、脂肪が分解しやすいので比較的簡単に解消できるのです。

内臓脂肪を減らすためのポイント!

内臓脂肪を減らすというと、「内臓脂肪はお腹にあるので腹筋運動!」と考えるかもしれませんが、腹筋運動は筋肉を鍛えるだけであり直接脂肪を燃焼させる働きはしません。

脂肪を燃焼させるためには運動を行う必要があります。ジョギングやウォーキングなど適度な有酸素運動によって内臓脂肪を減らすことができるのです。

ウォーキング程度の軽い運動でOK!

内臓脂肪は皮下脂肪と違って分解しやすいので、ウォーキング程度の軽い運動を行うだけでも十分に解消させることができるので、まずは歩いてみることをおすすめします。

脂肪燃焼のためには運動時間がポイントです。有酸素運動は30~40分を目安として行うことで効果的に脂肪を燃焼してくれます。

・ウォーキングなどの軽い運動でOK
・週に2~3回程度、30~40分を目安として運動をする

摂取カロリーを抑えるための食事

もうひとつ重要なのが「食事」です。そもそも内臓脂肪がつく原因はカロリーの摂りすぎなど食事内容におおきな原因があります。いくら有酸素運動を行ったとしても食事生活が乱れているようでは思うように脂肪は燃焼しません。ではポイントを解説します。

食事のポイントは本格的なダイエットによる食事制限をする必要はありません。食事のポイントは”食べ過ぎないこと”です。食べ過ぎにならないように注意するだけで、ムリな食事制限もなく効率よく摂取カロリーを抑えることができます。

・おかわりの週間をやめる
・間食は絶対にしない
・ファーストフードや外食は控える
・夕食の白米をいつもの1/3減らす。

上記のポイントを意識するだけで無駄なカロリーを制限できます。これなら誰でも簡単に無理なくできますよね!

<< あなたはどっち?内臓脂肪と皮下脂肪 | トップページ | 皮下脂肪を減らす方法 >>

☆★今話題の裏技ダイエット★☆
誰でも簡単な方法でウエストが細くなる新しいダイエット方法とは!?今すぐ最短距離で痩せたい方には必見の裏技ダイエットです>>http://askadiet.com/af/

メニュー部分の作り方