お腹に脂肪がついてしまう根本的な原因

お腹の脂肪を解消するためには、お腹に脂肪がついてしまう根本的な原因が何なのかを知っておきましょう。解消方法が見えてきます。

お腹に脂肪がついてくるメタボ腹は、男性も女性もだいたい30歳を過ぎたあたりから気になりだします。特に30歳を超えてからは、油断してしまうと一気にメタボ体型になってしまうので注意が必要なのです。

脂肪がつくのは基礎代謝と摂取カロリーに問題がある

ではなぜメタボが加速してしまうのか?主な原因は以下が考えられます。

筋力低下による基礎代謝の低下

メタボが加速してしまう一番の原因は、年齢とともに低下してしまう基礎代謝にあります。基礎代謝は筋肉ととても密接な関係があり、筋力が低下したら基礎代謝も低下してしまうのです。

筋力は年とともに低下しますし、やはり運動不足による筋力の低下が基礎代謝を低下させる大きな要因となっているのです。

摂取カロリーの問題

太ってしまう大きな要因がこれです↓

年齢とともに基礎代謝は低下するのに20代のころと食事量が変わらない。。。食事量は変わらなくても基礎代謝は低下しているので太ってしまいまよね。
基礎代謝の低下によって消費カロリー量も少なくなっていることを忘れてはなりません。

お腹の脂肪を解消するためには

上記のことからも、お腹の脂肪を解消するためには、基礎代謝と食事が最も重要なポイントとなるのです。よって低下してしまっている基礎代謝を高めるために運動を行うことと、食事制限によって摂取カロリーを抑えることが必要となるのです。

お腹の脂肪解消で重要なポイント

あと重要なポイントがあります。それは脂肪と言っても種類があり、「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類のタイプに分かれています。

それによって解消方法が異なってくるので自分がどの脂肪のタイプなのかを理解しておくことが大切なポイントとなります。詳しくは>>「あなたはどっち?内臓脂肪と皮下脂肪

| トップページ | 解消するための3要素 >>

☆★今話題の裏技ダイエット★☆
誰でも簡単な方法でウエストが細くなる新しいダイエット方法とは!?今すぐ最短距離で痩せたい方には必見の裏技ダイエットです>>http://askadiet.com/af/

メニュー部分の作り方